小布施 岩松院(がんしょういん)      Ganshoin Temple       27.Oct.2015        天空仙人の神社仏閣めぐり

小布施 岩松院 Official Page
小布施 岩松院  写真 小布施 岩松院  写真
「小布施 岩松院」
Ganshoin Temple
拡大 画像Click拡大 画像Click

小布施 岩松院 山号額 写真 小布施 岩松院  写真
「山号額」
Sangogaku
拡大 画像Click拡大 画像Click

小布施 岩松院 仁王門 写真 小布施 岩松院 仁王門 写真
「仁王門」「仁王門」
NioumonNioumon
拡大 画像Click拡大 画像Click

小布施 岩松院 金剛力士像 写真 小布施 岩松院 金剛力士像 写真
「金剛力士像」「金剛力士像」
KongorikishizoKongorikishizo
拡大 画像Click拡大 画像Click

小布施 岩松院 福島正則公霊廟 写真 小布施 岩松院 十一面観世音菩薩像 写真
「福島正則公霊廟」「十一面観音菩薩像」
Fukushima Masanori ko ReibyoJuichimen-Kanzeonbosatsuzo
拡大 画像Click拡大 画像Click

小布施 岩松院 一茶 句碑 写真 小布施 岩松院 六地蔵 写真
「一茶 句碑」「六地蔵」
KuhiRokujizo
拡大 画像Click拡大 画像Click

小布施 岩松院 庭園 写真 小布施 岩松院 庭園 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

小布施 岩松院(がんしょういん)

Ganshoin Temple

長野県上高井郡小布施町雁田

Karida,Obuse-machi,Kamitakai-gun,Nagano


信州・小布施 岩松院

北斎・正則・一茶 ゆかりの古寺

「岩松院の沿革]

開創は文明4年(1472)雁田城主の荻野備後守常倫公の開基で、開山は不琢玄珪禅師。 本堂は136.55坪。その他庫裡、鐘楼、坐禅堂、仁王門がある。 本尊仏は宝冠をいただく釈迦牟尼仏で、江戸時代初期(慶長かその直後)の作。

【本堂の大間天井絵「八方睨み鳳風図」】

葛飾北斎(1760〜1849)最晩年の作品。 間口6.3m、奥行5.5mの大画面を12分割し、床に並べて彩絵した後、天井に取り付けられた。 鳳凰は朱・鉛丹・石黄・岩緑青・花紺青・べろ藍・藍などの顔料を膠水で溶いた絵具で彩色され、 周囲は胡粉、下地に白土を塗り重ね金箔の砂子が蒔かれている。 画面には絵皿の跡など制作時の痕跡が残っている。

【高井鴻山書「無」】

鴻山(1806〜1883)は小布施村の豪商高井熊太郎の四男。 京都九條家ほか飯山藩の御用達を務める代々の素封家。 15歳より京都及ぴ江戸へ遊学、当代一流の師について儒学、絵、書などを学んだ北信濃きっての文化人である。

【福島正則の霊廟」】

元亀天正年間の戦国武将福島正則公(1561〜1624)は豊臣秀吉の重臣として、 賎ヶ岳の戦いでは「七本槍の第一」と称せられ、また関ヶ原の合戦でも勇名をはせ、 広島城(49万8千石)の大大名になったが、幕府の謀略により元和5年(1619)秋この信越地方(4万5千石)に国替えさせられた。 在信5年。悲運をなげきつつ寛永元年(1624)7月13日、64歳で薨じた。 霊廟には遺骨を埋葬し、高さ約2.5mの大五輪塔を建立し、「海福寺殿前三品相公月翁正印大居士」の戒名を刻む。 遺品には、文書、観音像、大槍、馬具、日用の什物などがある。

【一茶と蛙合戦の池】

寺の桜の花見時になると、裏庭の小さな池に、大人の手のひら大のひき蛙がいづこともなく集まってくる。 めすが産卵するのをおすが手伝うのだが、めすが少ないために、うばい合いとなって合戦となる。 一年の内の約5日間、昼夜の別なく、蛙が入れ代り立ち代り、くくみ声をあげての戦いは静かな山寺の春の風情でもある。

俳人・小林一茶(1763〜1827)は文化13年(1816)4月20日に当地を訪れ、 合戦を見て「やせ蛙まけるな一茶これにあり」と詠んだ。病弱な初児・千太郎への声援の句であるが、 その願いもむなしく千太郎は一ヶ月たらずで他界した。一茶54歳の時。

岩松院 しおりより

北斎晩年の傑作「八方睨みの鳳凰図」

本堂内の大間、21畳の大きさの極彩色の天井絵。江戸末期、嘉永元年(1848)北斎89歳の作品。 岩絵具は中国より輸入した辰砂・孔雀石・鶏冠石などの鉱石を用い、その価は150両。 金箔を4400枚使用し、色彩・光沢は少しも変化していません。


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2015 I.HATADA All Rights Reserved.

inserted by FC2 system