乗鞍岳 乗鞍本宮(のりくら ほんぐう)      Norikura Hongu Shrine       12.Oct.2015        天空仙人の神社仏閣めぐり


乗鞍岳 乗鞍本宮 写真 乗鞍岳 乗鞍本宮 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

乗鞍岳 乗鞍本宮 拝殿 写真 乗鞍岳 乗鞍本宮 社号額 写真
「拝殿」「社号額」
HaidenShagogaku
拡大 画像Click拡大 画像Click

乗鞍岳 乗鞍本宮 写真 乗鞍岳 乗鞍本宮 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

乗鞍岳 乗鞍本宮 金剛力士像 写真 乗鞍岳 乗鞍本宮 金剛力士像 写真
「随神像」「随神像」
ZuijinzoZuijinzo
拡大 画像Click拡大 画像Click

乗鞍岳 乗鞍本宮(のりくら ほんぐう)

Norikura Hongu Shrine

岐阜県高山市丹生川町岩井谷字乗鞍岳1224番地

1224,Norikuradake,Iwaitani,aza,Nyukawa-cho,Takayama-shi,Gifu


乗鞍本宮略起

鎮座地

本 社 岐阜県高山市丹生川岩井谷乗鞍岳1224 頂上 剣が峰(3,026m)

中之社 乗鞍岳畳平(2,702m)

里宮(乗鞍神社)高山市丹生川岩井谷沢上

御祭神

天照皇大神 あまてらすすめおおかみ(日の神)

五十猛大神 いそたけるのおおかみ(木の神)

大山津見大神 おおやまつみのかみ(山の神)

於加美大神 おかみのおおかみ(水の神)

由緒

当宮は古来、乗鞍岳全体を神体山と仰ぎ、乗鞍火山脈の主峰で飛騨国に属し海抜一万尺(3,026米)の旧火山で頂上剣ヶ峰と奥の院大日岳の2峰より成り、 各末社鎮座の幾つかの名峰と旧火口の権現池、五ノ池、鶴ケ池、亀ケ池、大丹生池には霊水を湛え、雨乞い、祈晴に霊験があると称されている。

往古には位山と称したともいわれ、貞観15年「紫雲三度棚引云々」と史上にも現れ別名愛宝山、鞍ケ嶺、日抱尊とも称した。

中世修験信者の登拝により神仏混淆せられ、乗鞍大権現と称せらる。 其の山麓一体には伊太祁曽神社、日輪神社、御崎神社等の里宮がある。 昭和3年頂上鞍ヶ嶺神社と里宮伊太祁曽神社が合併し乗鞍神社と改称し、昭和25年乗鞍本宮を設立し、 昭和27年畳平に中之社を創建する。 昭和49年、平成16年中之社」を改修する。

祭日

開山祭 5月15日

例  祭 8月8日

閉山祭 10月下旬

乗鞍本宮 しおりより


乗鞍岳は、中部山岳の飛越国境に聳え、主峰を剣ケ峰と称し、海抜3026Mで本宮が鎮座され古来霊山で、 乗鞍大権現の神体山と仰ぎ、山麓四方の信仰が厚く、別名を鞍ケ嶺.愛宝山.とも言い、貞観の昔紫雲三度棚引云々と日本書記にも見らる、位山とは正に是れならん。

養和元年、木曽義仲の臣、飛騨国を観察のため屡登山した、其の際社殿を創建し黄金の神像を奉安せしと云い伝う鞍ケ嶺神社があった、 神名をもって山名.湖名となし、権現ケ池、大丹生ケ池、亀ケ池.鶴ケ池には霊水を湛え、雨乞.祈晴に霊驗があると称される、 これらの水は、丹生川及び阿多野川の本流となり、北流して神通川、南流して飛騨川となる。

またその流域には里宮として、式内槻本神社.御崎神社等の古社を初め、分社伊太祁曾神社を祀る事数十社にも及んでいる。 近時御岳教の隆盛に伴い、一時乗鞍信仰が衰頽したしかし尾張地方には信者があり、毎年団体参拝を昔ながらに続けている、 昭和3年、前記鞍ケ嶺神社は、山麓の沢上伊太祁曾神社に合併して「乗鞍神社」と改称した、 同4年9月9日頂上15坪を神社境内地として、 大蔵省より無償譲与を受けた。もとは神職・信者村民等挙って神霊を奉じて登山し、参篭して、 毎年8月8日に乗鞍祭を執行するのが慣例であった。

昭和22年各関係者の尽力により、登山道「乗鞍スカイライン」が完成し、畳平の駐車場を終点に、 海抜2、740Mの雲上への自動車運行により、年間数百万人の登山者を数えるに至った。 宗教法人法の施行に伴い昭和24年新しく乗鞍本宮として設立、社殿を再建し、 同28年駐車場付近に遥拝所を創建「中ノ社」となし、同49年現状の如くに再建する。


40年ぶりに、乗鞍の畳平に行ってきました。 前回は、高山病?になって頭痛がひどかった。 今回は、高山病は大丈夫だったけれど、雲の中、視界20m位でしょうか? バスセンターの表示では、氷点下3.5℃、風速10mかなり寒い。


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2015 I.HATADA All Rights Reserved.

inserted by FC2 system